かいものカゴ
プレコミモーター

言語せんたく:
Home ご利用規約
お問い合わせ このサイトについて
パスワードを忘れたら FAQ

商品カテゴリ
  1.ヴェクスター ベクスター vecstar 125 150

  中華ヴェクスター AN125 AN150 ネプチューン

  アドレスV125 UZ125 GSR125

  グラストラッカー ボルティー GN250 マローダ SW-1

  DIO スーパーディオ af27 af28

  today トゥデイ50 AF61 AF67

  スペイシー125 JF03 JF02 水冷

  スペイシー125 JF04 空冷

  E-彩 E彩125 SDH125T 新大洲ホンダ 

  スペイシー100 JF13 SCR100 SPAYCY100

  CB125T CD125T ベンリイ ベンリィ JC06 JA03

  フュージョン フリーウェイ 250 MF01 MF02 MF03

  マジェスティ125 シグナス T D 4CW

  マジェスティ250 4HC YP250

  ビラーゴ250 XV250 VIRAGO

  GY6 キムコ CPI TGB PGO JIALING LONCIN ファルコン125 アローロ

  そのほか

  アウトレット B級品 新古品 コーナー

  キャブレター ジェット バラ売り


メニュー
お問い合わせ
プライバシーについて
ご利用規約
支払い・送料について
特定商取引法の表記
最近出品されたアイテム60個
ドコモメールのお客様へ
クレジットでの支払い方

プレコミモーター :: CB125T用 CDI2個化 開発の ページ

CB125T用 CDI2個化 開発の ページ
 
2019.5頃
β開発も無事に終わりましたので、早速 すぐ使用できるように、接続済みのキットを制作しようと取り掛かりました。

まずは β商品のように、ファストンをつけ、熱収縮チューブをつけて、いくつか作成したのですが、強く引っ張るとどうしても抜けてしまいます。
ファストン自体を ペンチなどでつぶしてもだめした。たしかにそう簡単には抜けないので、まず大丈夫ですが、長く使うと何か起こるかわかりません。

結束バンドで補強しても同じでした。配線が苦手なお客さまが長く使うことを考えると固定したほうがいいに決まっています。もし長く、使用していて途中で抜けたりすると、どれにつなげばいいか わからなくなってしまいます。

なので、やりたくなかったのですが、ハンダづけにて 試作することにしました。



ハンダづけの風景です。久しぶりにやるとカンを取り戻すまで時間がかかります。なかなかうまくつかないですね。

配線を12本ほど処理しますので、予想通り大変でした。ただ何個かつくっているうちに慣れてきますので、ファストンでやるよりも楽な気がしてきました。ただ慣れてきても1時間に2-3セットぐらいしか作れないです。

セコセコと制作していると、工場労働者映画『女工哀歌』気分を少し味わえました。本当に中国の工員たちには頭がさがります。
「これは中国に制作を依頼したい!」 と 思ったのですが、経験上100単位になり、100本程度では大して安くなりません。特に最近は高くなっています。当店で100本売ることもかなり疑問ですので、やっぱり 当店でつくることが現実的なようです。よなべしながら制作します。

さらに、イグニッションコイルの接続部分キボシ部分もラベルではなく配線の色でわかるようにしました。ラベルだと 長く使用するとはがれたりしますので。バイクのハーネスにいろいろな色があるのと一緒ですね。

また β開発中では ハーネスを2個のAとBのCDIに分けて 接続しましょう。と書いたのですが、ハーネスを分けて結束バンドなどで固定すると結局ハンダ接続部分に余計な力がかかりそうなので、やめました。

後は使用してもらって 問題がでてくれば、改善するつもりです。



2019.6.3頃~
2個化ハーネスキットを制作していて、CDI直流化用のハーネスキットも作りたくなりました。ずっと前から、CB125Tの直流CDIは 販売していたのですが、直流化の配線に関しては、自分でやってくれと ユーザーに任せてしまっていました。配線加工などが嫌いなお客さまには、ちょっと不親切だなあ とずっと思っておりました。私も以前はバイクの配線図などが大っ嫌いでして、サービスマニュアルの配線図を見るといつも頭痛がしていました。電装の解説を何度も読んでも理解できなかったですし、もちろん、今でもバイク整備関連では嫌いな部類です。

フュージョン250などのスクーター系のCDI直流化では、レギュレータからの黒線がとりやすく、ホンダ系スクーターでは、いつもこのパターンでした。参考リンク

ならば、CB125Tのレギュレータの黒線はどうだろうかと、ネットで色々しらべたのですが、いい情報がありませんでした。どうやら、CB125Tのレギュレータは交換が大変なようです。
では、CDIの直流化している 情報はどうだろうかとネットで調べるも、こちらも いい情報が見つかりません。そもそも 実車なしで このような開発はちょっと厳しいですね。

よし、困ったときは、詳しい人に聞くしかない! と、CDI直流化に成功しているあるお客さまにメールを送りました。
すぐに返信をいただけまして、さらにとてもいい情報をいただけました。
メーターボックス内に黒線の配線がひとつ余っており、そこにつなげば、メインハーネスに加工しないで済むとのことでした。さらに線の長さも50cmもあれば足りるとのことでした。ならば、もう ここに決まりですね。わざわざレギュレータ付近から引く必要ないですね。

CB125Tの配線図を確認すると後期型のライトスイッチ類の配線で黒線がひとつあまっていました。前期型だとふさがっていますので、ライトスイッチなのかなあと思いました。(後期型だとライト常時ONだと思いますので。)ここから CDIへの直流線を引けますね。
後期型では あまっていますので、そのまま オスギボシで OKですね。前期型は間にうまくかませるように配線をつくればいいですね。

よし、それでは 早速 試作してみよう と思ったら、黒線がありません。国内で調達すれば、すぐに手に入りますが、面倒なので中国の配線屋にまとめて発注です。いつも こんな感じなので 開発スピードがのろいですね。

2019.6.20頃
中国から コードや ホンダ専用ギボシが届きました。黒線をたのんで、あんなにしつこく言ったのに、届いたのは 赤線でした。ホントに中国はいつもこんな感じなので、困ります。CDI側の線が赤線なので、仕方がないので、妥協します。

それでは早速、試作にとりかかります。
最初はよく あるY型の二股にしました。


まず試作したものがこれです。分岐するところに強度が足りなくて、結束バンドで補強しました。なんか 納得がいかないので、しばらく悩んでいると 気が付きました。2口キボシがあるから、それにつなげば、加工も楽だし、強度も十分ですね。

それでできたものがこちらです。


大分スマートになりますね。最初に気が付くべきなのですが、こういうのはなかなか気が付かないですね。これでシンプルに CDI2個分 直流線が引けますね。


また 実は ホンダ車のギボシは一般サイズより小さめでした。日本でよくあるホームセンターなどにあるものは直径4mmほどで ホンダ車のギボシは3.5mmほどでした。なので、もし4mmで作ってしまうと CB125T側のメインハーネスにダメージがいきますね。ギボシの穴が広がってしまいますね。最初は気がつかず あやうく4mmでつくるところでした。3.5mmサイズが中国ですぐに見つかったよかったです。

さて、ここまで できたら、次は CB125T 前期型用の CDI直流化 2また接続キットをつくります。


6.27頃

CB125T 前期型用の CDI直流化 2また接続キット 試作品です。やっぱり最初は 2口ギボシに気が付かず つくってしまっていました。

できたはこちら


分岐部分を強化したところがポイントです。熱収縮チューブをライターであぶるので少し手間ですね。配線に割り込みができれば、メインハーネスに加工しないで済むのがいいですね。

これで CB125Tの CDI直流化 やりやすくなると思います。ぜひどうぞ。



つづくかも


























つづく
















 
 
検索:
詳細検索


ニュース

10/16 MF02関連の小物を3点アップしました
10/11 2点新アイテムアップしました。JF04系FショックのB級品などたくさん出ました。
10/10 中国から商品が入荷しましたので、在庫を更新しました。

10/1 消費税増税にともない 送料もあがりましたが、ゆうぱっく以外は旧旧料金のまましばらくがんばります。ゆうぱっくは値上げになってしまいます。

9/30 2点新アイテムをアップしました。まだまだ続きます。
9/27 GN250系のパーツを3点アップしました。



以前のニュース


ニュースメール登録 
買い物カゴ
カゴは空です。
 
カゴをみる
レジにすすむ
注文履歴

サインイン
ユーザーネーム

パスワード

ログインする 
登録する 




Copyright © 2009-2019 プレコミモーター
Powered by X-Cart php shopping cart